長岡天神の京菓子京みずほさんのいちご大福とてもお気に入りです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
石塀小路

清水焼の梅箸置


比較的メジャーなスポットではありますが行きやすくて超オススメなので石塀小路をご紹介。ここだけはぜひ歩いてください。んっ??どこそれって声が聞こえてきそうですが、清水の近くです。八坂神社からもすぐです。清水寺から三年坂ー二年坂ー一念坂(一年坂)と定番コースをぶらり散策しながら降りてねねの道を入ったところに石畳の路地があります。ここは正に京都らしさを満喫できる場所でありアクセスも良いのであまり時間がない方でもさっといけます。実はここは変ってより京都らしくなった珍しい所です。というのも以前は石畳ではなかったのですが市電(京都の路面電車)が廃止になった跡の石を敷き詰めて石畳にしました。地元の私が歩いてても本当に京都らしい街並みを楽しめる市内ど真ん中近くのスポットです。清水へ行く方は多いと思いますので是非ともここを歩いて行って下さい。ところで清水といえば清水焼ですが私は以前から結構高級な食器や花器などのイメージがありましたが、けっこうお手軽に買えるものですね。先日歩きに行った時に見つけた梅の箸置が気に入って買ってみました。食器なので手軽に買えるお値段はありがたいです。京都駅のように変って京都らしさを失う所が多数あるなか祇園、東山地区は地域で京都らしさを取り戻す取り組みもされているようです。たとえば景観を損なう電柱、電線の地下への移設など企業とも交渉されて徐々に進んでいるようです。今後、少しでも京都らしさを取り戻せる場所が増えればいいのですがなかなか一度破壊されてしまったものはもとには戻らないですね。
スポンサーサイト
【2008/02/08 23:16】 | 京都ぶらり歩きスポット | トラックバック(0) | コメント(0)
白川通り
京都市の東の端にある白川通り、一時は若者向けの店が乱立したこともありましたが最近は落ち着いた雰囲気になっています。周辺は神社やお寺など見るところも多数あります。またあまり人も車も多くないのでゆっくり楽しめますよ。ちょっと休憩したくなったら通り沿いにしゃれた飲食店からメジャーなお店といろいろあるので除いてみてください。修学院周辺を含めてとくに北白川地区は楽しい所ですよ。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

【2008/01/02 12:32】 | 京都ぶらり歩きスポット | トラックバック(0) | コメント(1)
松尾大社
松尾大社は地元の氏神様でして正月には初詣に毎年行きます。嵐山は誰でもご存知かと思いますが嵐山を訪れる際にはぜひ松尾から洛西へと続く東海自然歩道を歩いてみてください。途中国道に出ることもありますが所要時間3時間ほどのコースです。時間がゆkっくり取れる方は嵐山から西加茂コースもオススメです。京都の東海自然歩道は見るものがたくさんあります。まさにぶらり歩きに最適かと思います。あと嵐山の温泉も最近人気がでてきてますがいいですよ。

テーマ:京都 - ジャンル:旅行

【2007/12/16 21:50】 | 京都ぶらり歩きスポット | トラックバック(0) | コメント(0)
北山通り
京都駅から地下鉄で北山下車、クリスマスシーズンのこの時期は教会のイルミネーションなど夜も楽しめます。人も車もあまり多くなく高い建物も少ないのでゆったり歩けます。上賀茂も近いので前回の下賀茂と合わせてのんびり歩いてみてください。

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

【2007/12/10 00:06】 | 京都ぶらり歩きスポット | トラックバック(0) | コメント(0)
梅小路
京都駅から西へ堀川通りを渡ったあたり、梅小路公園、蒸気機関車館、京都らしい町並みが残っています。ちょっと小路に入ればけっこう町並みを楽しめる所です。ただ市内全般土、日は裏道まで車が良く通る状態なので出来れば平日がオススメですね。昔はっ車も少なかったのですが・・・。

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

【2007/11/18 15:37】 | 京都ぶらり歩きスポット | トラックバック(0) | コメント(0)
京都ぶらり歩き

京都旅行にお越しの際は路地やあまり人の多くないスポットをのんびり歩いて見ませんか?


検索

Google

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

オススメ
正直アクセスアップならブログジャンキーよりもポイントちゃんと消化してくれます。操作も快適だしオレンジトラフィックならお小遣いも少しぐらい溜まるかも::::。
オレンジアド

WEBCLICKERS.NET
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。